• Kie Kawagoe

「新しい生活様式」と「新常態」

5月から新聞を契約した。

紙が配達されるものでは無く電子版だ。

パソコンやスマートフォンのアプリで読んでいる。

今まで、隙間時間はポータルサイトを開いてしまうことが多かった。自分にとって害になる情報がほとんどだった。


ポータルサイトを開くと天気予報など、生活に必要な情報が一目でわかるのが良かったが、それ以上に整理されていない混沌としたものの悪影響の方がつらかった。


連休に入って、クラウドの予定表を動かし、どの端末からでも見られるようにして生活を管理していた。天気も表示されているので、ポータルに行く必要がほとんどなくなった。

それでも稀に開いてしまうが、これはもうジャンクフードを摘まむようなものなのだろう。


朝は新聞のトピックスメールの通知で目が覚める。「新常態」という言葉が目に新しかった。数日前から「新しい生活様式」が目に入るようになってきていて、それと比べると、随分と覚悟の様なニュアンスが感じられる言葉だと思った。


「新しい生活様式」をEXCELにペーストして自分がどの程度まで出来ているかチェックしてみた。元々、人が沢山いる状態が苦手なので、大体のところは出来ていると感じた。これから夏場なので帰宅直後のシャワーも苦ではない。


チェックしたのは働き方のところだが、自分自身が当事者なので、クリアするしないは私自身の甲斐性次第である。





0回の閲覧
  • Twitter Clean
  • Flickr Clean