• Kie Kawagoe

2020/04/11

4/7に非常事態宣言が出た。

身体が左程、強く無いので、日頃から刺激のある生活は送っていない。自分の生活はあまり変わっていないと思いたかったが、自分の周囲が変わっていくのに引き摺られている。


目や耳に入ってくるもので、自分の神経が引き攣るのを自覚して、まずSNSから離れてみることにした。お世話になってる方、数人に連絡してブラウザをlogoffした。


4/10 通院日。直近一ヵ月の変化が検査の数値に、きっちり反映されていた。対処できる範囲なので、特に慌てることは無い。続けて歯科医に行く。小さい虫歯を治した後の工程で歯のクリーニング。次の予約を一か月半後に入れる。


こんな風に私の日常は小さい用心が積み重なって出来ている。自分の体力、気力は健康な人の8割程度だと思っている。弱ったバッテリーの様だとも思う。電池が無くなった時に急に動けなくなる。


外出自粛要請は、実は自分にとってはありがたいことで、無理に出掛けなくていいと思うと気が楽だ。「楽しむ事」を強要されない生活というのは、案外、悪くはないものだ。


その分、この段階で「楽しい」を求めて彷徨っている人々が理解しがたく、神経が引き攣る。自分を無駄遣いしている事なので、ここが自分の課題なんだろう。





3回の閲覧

最新記事

すべて表示

集荷

断捨離というのか、今の自分には必要ないなと思うものをどんどん外に出している。 引き取ってくれるところがあるのはありがたい。集荷も頼めるけど、近くなんだからそのくらいは汗かきなさいよと持ち込むことにする。 この暑い中、働いている人には本当に頭が下がる。

自分の部屋

こんな tweetを見掛けて、そうだよな~と少し元気を出す。 部屋を整理している。残念だが、もう得るところの無い写真集を処分する。 私の部屋は図書館や美術館並みには大きくないので、どなたか御縁のある方の元に届いてほしい。 自分で撮った写真を部屋に飾るということはしなかったのだけれど、昨日、戻ってきたサンプルプリントが雰囲気良かったのでフォトフレームに入れて棚の上に置いてみた。隣には購入した写真家の

  • Twitter Clean
  • Flickr Clean