• Kie Kawagoe

エアコン

今日は有体に言うと体調が、いまひとつだった。パソコンの隣にスキャナを配置せねばならないのでリビングから棚を移動する。とりあえず繋いだが仮置感が半端ない。朝、買ってきたお茶で冷茶を作りながら、やはり気になると最寄りの家電販売店を調べだす。確か駅の直近にあった筈だがパソコンの品揃えは良くないので気に留めてなかった。しかし今回、求めているのは家電である。


時短で営業していると知って外出する。といっても徒歩10分程度で着いてしまう。迷っている段階は通り過ぎて必需品まで優先順位が上がったので仕事部屋のエアコンを手配する。大体、消費電力と機能で松竹梅で分かれているが、松と竹の電気代の差は5年もあれば吸収してしまうので竹にした。あっさり決めたので店員さんは驚いていたが、必要なものはさっさと決めるのが常である。迷ってる=要らないと思ってていい。

手続きしながら店員さんと他の家電達の話をする。リビングに据え付けてあるメインの空調は入居時に取り付けたものなので13年目だし、電子レンジや炊飯器は実家を出た時からだから、更に長く使っている。まだ動いているので使っているが、そろそろ気になると話していると同じスペックの家電たちの現在の価格を丁寧に教えてくれた。とはいえ、全て入れ替える程の財力は無いので「大切なところから」と言って出てきた。

これで無意識レベルの石が取れたので作業が捗るかというと、そうでも無かった。ちゃんと調べずにやってるので、やっつけ感が凄まじく、これは手こずると思いながら、事務局に一式メールして今日は終わりにする。

0回の閲覧
  • Twitter Clean
  • Flickr Clean